読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

yuzukichi819sDay

心コーディネーターとして活動していこうとする花井優月の好き放題日記

花井とバイク便とそのきっかけの話。

こんにちは(*˙︶˙*)ノ

 

花井 優月です。

 

本日は大寒ということで寒い!

そして、千葉県でも雪が降りました。積もらなかったけどね。

 

こんなドン冷えの日は、凍結が気になります。

バイク乗り慣れてるとはいえ、ツルッと滑ったらなかなか立て直しも効かないですからね・・・(^_^;) 

んで、たまにあるのが「倒れそう〜っ!」ってなったところで踏ん張ったつもりが、足も滑って結局倒れるっていう。。。そんなことになった時は泣きそうです。色々な意味で。

 

冬でもバイクに乗る方なら、一度は↑こんなこと経験してるんではなかろうかww

 

勝手にバイク乗りあるあるだと思ってる花井です(*≧m≦*)ププッ

 

さて、今回はバイク便との出会いから・・・。

 

 

【きっかけは15年前】

 

当時、四ツ谷の居酒屋さんで仕込みのアルバイトをしていた花井。

四ツ谷駅前は車通も多く、バイクももちろんブンブン走ってました。横断歩道を渡る時にバイクを見かけては、いいなぁ、あたしも乗りたいなぁと羨ましく思っていたのを覚えています。

 

そんなある日、大きなBOXを積んだバイクを見かけたのです。

 

「なんだあれ??」

 

当時、二十歳になったばかりだった花井はバイク便という存在を知りませんでした。

箱には「ソ○ハイ」の文字。

 

気になって、見かけたその日に、帰宅してインターネットで調べてみたら・・・あった!

 

バイク便??」

 

バイクで大切な荷物をお届けします。

都内60分以内配送!!

と謳ってありました。

 

「うわー!やりたい!!」

 

そう思ったら即行動!

 

当時主流だったアルバイト情報誌で片っ端からバイク便の会社をピックアップし、まだ面接にも行ってないのに早々に居酒屋さんのアルバイトを辞めてしまいました。

←今とあんま変わらんですが、今以上に落ち着きがなかったww

 

実はその頃は原付きの免許しかなかったのですが、原付きでもOK!と記載してある会社を選んで応募。

数社には「いや〜、女性のライダーさんは募集していないんだよね」と電話の時点で断られましたが、とある会社が即時面接を了承してくれたので、居酒屋さんを辞めた次の日に早速面接に行きました。

 

 

結果は、即採用!!

「来週から研修を始めますので、来てもらえますか」と。

 

やったーーーー!! (。>∀<。)

 

あたしは、受かった喜びとワクワクドキドキでいっぱいでした。

 

  

 

 【はじめてみてわかったこと】

 

研修から二週間。

あたしは決まったルートを毎日廻る、定期便に配属されました。

 

最初は都内の道を走るのもドキドキで、車こわ!とか思ったけど、 段々とその恐怖も薄れ、慣れてくるにつれて楽しくなってきました。

 

お客さんのところへ伺い、荷物を受け取って次のところへ行って渡す。

 

荷物を渡されて、「お願いしますね〜」って任せられることにやりがいを覚えました。

 

 

いつも決まったルートを回っていると、珍しい女性ライダーということもあり、お客さんも覚えてきてくれて「今日も頑張ってねー!」なんて声をかけられることも多くなっていきました。

 

あたしはそれが何より励みになりました。

 

 

会社の先輩達もとても気さくで、バイクが好きだという共通の話題もあり、仕事を教えてもらいつつもバイクの話に花が咲いたりして。

楽しい仲間が増えました。

 

 

定期便は毎日あるので、もちろん雨の日も走ります。

 

カッパを着て走ると動き難く、いつも以上に注意をはらって運転しなければならないこともわかりました。

ヘルメットの中も曇り止めを塗っておかないと曇るし、視界も遮られる。

 

タイヤも滑るので、晴れの日と違う運転技術を身につけることも大事でした。

 

 

毎日が新しい発見で、あたしは楽しくて楽しくてどんどん仕事とそれに必要な技術を覚えていきました。

 

 

きっかけはささいなところから。

そこから、花井のバイク便ライフが始まったのです。

 

 

 

そこからまた、色々あるのですが、その話はまた今度♪

 

 

ではまた๑´ ³`)ノ